社員及び家族のみなさんの心身の健康を第一に考え、全社員が一丸となって健康増進へ積極的に取組むことは、自己成長そして企業発展の根幹であると考えています。

取り組み

『熱中症予防声かけプロジェクト』への賛同

熱中症について我々に出来ること

現在の日本社会は地球温暖化、高齢化、節電問題と熱中症になりやすい自然環境、社会環境にあります。熱中症に対して機能水の総合メーカーであるOSGグループは、官民一体で取り組む『熱中症予防声かけプロジェクト』へ賛同し、官民が共同で取り組むことで熱中症の予防、水分補給の促進を社会全体に広げて参ります。


『日本健康マスター検定』受検・資格取得の推奨

健康を学び伝える

社員の健康リテラシーを高めるため、文部科学省、日本医師会などが後援し日本健康生活推進協会が実施する「健康マスター検定」の受検・資格取得を推奨しています。


「 MY WATER MY BOTTLE 」

ライフスタイルに水分補給習慣を

「エコをケータイする」をキーワードに、熱中症予防対策としてのこまめな水分補給や、C02削減・限りある資源を守るため、 ペットボトルのゴミ削減について啓発しています。
「潤いあるライフスタイル」と「美しい自然を守る」という願いを込めて、「MY WATER MY BOTTLE」を推進しています。


スポーツ庁「スポーツエールカンパニー」取得

スポーツ・運動習慣をサポート

スポーツ庁が、従業員の運動不足対策と健康増進のためにスポーツの実施にむけた積極的な取組みを行っている企業を「スポーツエールカンパニー」として認定。「汗の水曜日」「スポーツ支援制度」「ストレッチ体操」などが評価されました。


スマートライフプロジェクト

寿命を延ばすから健康寿命を延ばすへ

「健康寿命をのばそう」をテーマに、厚生労働省が取組む健康づくりをサポートするプロジェクト。運動、食生活、禁煙、健診などの取組みで更なる健康寿命の延伸を啓発しています。

定期健康診断受診率/再検査受診率

社員さんの健康管理を目的に

全従業員の「定期健康診断受診」を実施し、「受診後の要再検査」となった対象者には必ず受診するようにつとめています。

サステナビリティへの取り組み

ページトップへ